わたし、商売人に向いてない


スタイリストデビューしてから
苦戦したこと


施術中のお客さんとの会話
メニューの押売り
店販の売り込み


どれも苦手だった…

この中でも1番
店販は最も苦手だった…


お店で扱っている物は
どれも良いものだったし
使えば後悔はしない物だけど…


ここで出てくるのが

人の価値観の違い



例えて言うならば


チョコレートに何千円も出す人と
チョコレートなんてどれも一緒という人


はたまた
食費を削ってでも
お洋服にはお金を使うって人



そこを読み取ることの難しさ…


だから私は

髪のことにお金を
かけない人には
ドラックストアやネットで
どういう風に選べばいいのか
アドバイスするようになりました。


そんな事を続けているうちに
私の伝えている事への
説得力?信頼関係?
いつのまにか
売る気もなかった
店販が売れるようになった


施術のメニューも
提案して増やすどころか
カットパーマの予約を
カットだけにしちゃう事も
よくあります!


自分でもつくづく
商売人には向いてないと
思っています…

Seiko 3マル日和

女性スタイリストの気まま美容ブログ♬

0コメント

  • 1000 / 1000